光庵は赤羽駅から3分の整体院です。顔のゆがみ矯正や肩こり、腰痛の改善などおまかせください!

  • 整体とは
  • カイロプラクティックとは
  • 院長あいさつ
  • 当院の施術
  • 施術の流れ
  • 患者様の声
  • よくあるご質問
  • 料金表
  • 店鋪情報
  • ブログ
患者様の声

■体質・遺伝   ■部活 ■アスリート ■舞踊家 ■不眠 ■後遺症
■顔のゆがみ、顎関節 ■産後・むくみ ■アレルギー ■パソコン ■治療室

体質・遺伝

もともと、腰が母親に似て反り気味で、痛みもあったので病院に行ったところ、第5腰椎スベリ症と分離症だと診断されました。
痛み止めや湿布で何とかやり過ごしていましたが、子供の親子遠足会の3日前にギックリ腰を起こしてしまい起き上がることができなくなってしまいました。
安静にしていても良くならないので、前日に夫に光庵さんまで連れて行ってもらいました。

首と腰を調整した後は、あんなに曲がっていた腰が嘘のようにまっすぐになり、無事遠足に参加できました。
こんなことは二度と経験したくないと思い、それからは定期的にお世話になっています。

32歳 女性 世田谷区 主婦


光庵医院長コメント人間にはそれぞれに遺伝というものがあります。
それは強い(症状が出にくい)箇所だけでなく弱い(症状が出やすい)箇所も含めて、伝わっていくということです。
しかし、得てして弱い箇所にしか意識がいかないものです。
悪いところばかり似ているように思いますが、それは何でもないところ(強い箇所)を普段気にもしていないからです。
この患者様の場合は母親と同様に腰の前へのカーブが強いため骨が滑り、加えて分離症も引き起こしたと考えられます。
しかし、腰痛を起こしやすい体質でも、今現在の方が以前よりずっと改善されているということが重要なのです。
どこも弱くない人はいません。
施術やアドバイスを受けるなど自分でできることをすることで、その完璧でない中での最良の状態を目指せます。

部活

部活動で野球をやっています。ポジションはピッチャーです。
上級生に負けないように練習をしていたら段々と肩が痛くなり、ボールが投げられなくなってしまいました。
光庵の先生からは、筋肉の疲労と肩関節、肩甲骨のゆがみから来るものだといわれ、背骨の1つを触られると飛び上がるくらいの痛みでした。
しかし、ゆがみを矯正するとその痛みも治まり、肩を回しても引っかかりが少なくなったのです。
ボールも大分投げられるようになってきましたが、無理をしないようにといわれているので気をつけて練習しています。

15歳 男性 青梅市 高校生


光庵医院長コメント成長がまだ充分でない時期の過度な運動は、いくら若くて回復力があってもその限界を超えてしまうことがあります。
本来そういう状況では、休んで改善するのを待てば良いのですが、熱心な学校ほどそういう訳にはいかないようです。
彼の場合は自分の体力以上の投げ込みで肩周辺の筋肉が硬縮を起こし、そのために骨格がゆがみ関節の可動域を狭めたようです。
こりを解き、関節を正しい位置に戻すことで、さらに回復が早くなります。

アスリート

クレー射撃をやっていますが背中が痛くなるとすぐにフォームが崩れてくるのがわかります。
そんな時は成績も思わしくありません。
でも、光庵で矯正してもらうと、元のフォームを取り戻すことができ、標的に当たるようになってきます。治療の次の日は少しだるくなりますが、2、3日後から調子が良くなってくるのです。
試合の日から逆算して調整するようにしています。

37歳 男性 さいたま市 自営・クレー射撃日本代表


光庵医院長コメント種目は違いますが来院なさっている競輪、競艇の選手、舞踏家、プロゴルファーの方も同様に、 アスリートにはしっかりとした自分のスタイル、フォームがあり、それを維持する力があります。
しかし、オーバーワークや日常でのトラブルなどでその力を発揮できなくなることもあります。
大切なことは早くそのことに気がつくことです。
この選手の場合は自分の体の状態を良く知っていて、不具合が起きる時のサインを見逃さないことで悪化させないようにしています。

舞踊家

フラメンコ舞踊家として、国内外での公演やスタジオでの指導、テレビ出演など、多忙な毎日を過ごしています。
普段の生活に支障はないのですが、踊っているとはじめ腰に違和感が出てきます。
それが続くと背中や首までつらくなり症状がとれなくなることもあります。
そんな時は左右の動きが同じようにできなくなるので「きっと体がゆがんできているんだろうな」と実感します。
しかし、早めに治療をしているため1、2度の調整で回復しています。
コンクールにも万全な状態で出場できるように心掛け、CAFフラメンココンクールで優勝、
カンテ・デ・ラス・ミナス国際コンクールにて日本人初のセミファイナリストという成績を収めることができました。
一日でも長く大好きな踊りを続けるために、調整は欠かすことができません。

36歳 女性 北区 舞踊家


光庵医院長コメント動き(仕事)に体が慣れてきても限界はあります。
一ヶ所悪いと他でバランスを取り戻そうとするためにさまざまな症状が現れてきます。
患者様は腰のカーブが少ないストレートタイプなので、フラメンコに多い床を踏み鳴らす動作が時に負担になっているようです。
しかし、激しい動きによって首がズレ、それによって全身にゆがみが及ぶことは多々あります。
症状に関係なく首のズレはチェックするようにしています。

不眠

週に1、2度不定期に夜勤があるため疲れがたまってきます。
そんな時は決まって首から肩が張ってきて眠りが浅くなり、一日中体がだるくなります。
しかし、首のつまりを調整してもらうと、その日からぐっすり眠れてすっきり起床できます。

28歳 女性 横浜市 看護士


光庵医院長コメントこの患者様の場合は首の関節が縦の方向に変位を起こしているタイプです。
それによって脳に血液が行きづらくなりリラックスできない状態が続き、眠りが浅くなったようです。
体は眠ることにより大部分の不調を解消しています。
しかし、不規則な生活やストレスで大切な睡眠のリズムが崩れると回復が十分でなくなるのです。

後遺症

19歳の時交通事故でムチウチになり、5年たった頃から天気が悪くなる時や季節の変わり目に頭痛や吐き気、目の奥の痛み、肩甲骨付近のこりなどが出てくるようになりました。
体のゆがみを検査した後、首の調整を受けてしばらく横になっていると、首でつっかえていたものがとれて頭に血が流れていくような感じがしました。
それからは症状の出る回数もずいぶん減っています。今は2ヶ月に一度程度の通院で様子を見ています。

24歳 男性 栃木県 運送


光庵医院長コメントムチウチに限らずアクシデントや事故の症状がその時出なくても、筋力の低下や疲労の蓄積などが続くと、時間が経過してから症状が現れてくることもあります。
その時にはすでに慢性化している場合もあります。
生活していくなかで、トラブルはつきものです。重要なことはその弱点をカバーし症状が出ないようにすることです。
時間はかかりますが、この患者様のように定期的に予防することが大切なのです。

顔のゆがみ、顎関節

ものを食べると顎が痛くなり頭痛までしてくるようになりました。
しばらく我慢していたのですが、良くならないので友人の紹介で首の調整を受けました。その日はあまり変化がなかったのですが、翌日から痛みが取れてきて食事が楽になってきました。
顎の関節と首は密接な関係があると説明してもらい、納得がいきました。
歯医者さんも紹介していただいたので、機会を見て、伺ってみたいと思います。

52歳 女性 渋谷区 販売


光庵医院長コメント人間は二足歩行のため、バランスが重要になってきます。
顎関節が不具合を起こすとまず下顎のズレが生じます。そのため、頭部の重心点が正常な位置からはズレてしまいます。そしてそれを補正するように首がズレるのです。
また、逆に首から顎に症状が出ることもあります。
そして、こうしたズレが顔のゆがみの原因でもあるのです。
この患者様の場合は首の不調から2次的に顎関節に症状が出たと思われるので、根本(首)を調整することによって改善されたものと思われます。
また、口腔内や顎関節自体の物理的な問題がある場合は、歯科医院をご紹介しています。

産後・むくみ

子供を出産してしばらくすると腰痛やむくみに悩まされることが多くなりました。
子育ても大変になり起きるのが辛くなってきました。
それでも朝はまだ良いのですが、夕方から夜にかけて腰痛、むくみがひどくなる毎日のくり返しでした。
先生の話では出産直後から骨盤は不安定になるとのことで、それを聞くと思い当たることがたくさんありました。
骨盤と腰のゆがみを矯正した後はGパンのベルトの穴の位置が縮まり、ブーツがゆるくなっていてびっくりしました。
今は主人に子供を預けて月に一度調整に行っています。

30歳 女性 豊島区 主婦


光庵医院長コメント出産直後から開いた骨盤は元に戻ろうとしますが、この時関節周辺の筋肉や靭帯はゆるんでいるために、不安定な状態になっています。
昔から出産後はしばらく安静にしていなさいというのは、これを心配してのことだと思います。
しかし、現実にはそうはしていられないのが現状です。
そのため骨盤や腰がゆがみ、血流のポンプ役である筋肉の動きも低下し足もとからの血液やリンパの戻りが悪くなってしまいます。
それがむくみになるのです。
骨格のゆがみを矯正し、神経圧迫が取り除かれるとその働きは正常になります。
やせるということではなく、滞りがなくなることで本来の細さを取り戻したということなのです。

アレルギー

小学校2年の子供のアトピーがひどくなり薬を塗ってはいるのですが、特に夜間にかゆがり、朝起きるのがつらそうで困っていたところ、母が光庵を紹介してくれました。
ここで初めてアレルギー体質の人には特有の体のゆがみがあることを知りました。
首と背中を中心に矯正した後は血行が良くなったのか少しかゆがっていましたが、その夜は良く寝てくれました。
朝見てみると夜にかいて傷になっているところが少なくなってきています。
食べ物や生活面でのアドバイスも参考にさせていただいています。

32歳 女性 流山市 主婦


光庵医院長コメント生まれつきの体質は遺伝子レベルで当然あるものです。
しかし、体質を変えられなくても改善は可能です。
彼の場合は首と背中に特有の大きな変位が見られました。
そこを矯正することにより神経エネルギーの伝達が円滑になり、機能が向上したものと思われます。
大人と違い、子供はこれからどんどん変化していきます。
良い土台を作っておくことは大切なことです。
私自身の子供も2、3歳からアトピーを発症し小学校に入る前までが一番大変でしたので、この状況は理解できます。
かゆみによってのストレスは首に出てきます。調整することで自律神経のバランスが取れ、良く眠れるようになってきます。
実は夜こそが皮膚再生の時間なのです。
この時間の質を高めることが重要となります。
アレルギーの原因は人によりさまざまですが、睡眠不足とストレスは共通しています。
また食べ物も、甘いものや高カロリーの食品はかゆみを増大させます。症状が強い時には控えた方が良いようです。

パソコン

パソコンの前に座る時間が長いので首と肩、腰が痛くなります。
締切前は特に忙しいので症状も強くなります。
首のバランスを検査して毎回ではないですが上部頚椎の調整を受けるようにしています。
私の場合はその後20分程横になった方が丁度体が落ち着く気がします。
普段の頭痛の回数も減り、視界も明るくなりました。
腰は自分でもできるストレッチのプリントをもらって寝る前にやるようにしています。
その方が朝楽に起きれる気がします。

30歳 男性 港区 編集


光庵医院長コメント体が一番つらい状態は同じ姿勢で動かないことなのです。
常に同じ筋肉を同じよう緊張させないと同じ体勢は保てません。
現代はこのような状況におちいることが多くなっています。
動作を起こすことで筋肉の収縮が生まれ血液がスムーズに流れるのですが、その逆が"こる"ということです。
骨格のズレを調整することにより深部の筋肉の緊張が改善されます。
さらに自分でもできる筋トレやストレッチをすることにより、不調の出にくい体を作ることができます。

治療室

肩こりと悪くなった膝のため通院するようになって5年になります。
つらかった階段の下りも大丈夫になりました。
今は1〜2ヶ月に一度調整するようにしています。
光庵にくると、治療室の清潔感もさることながら、ところどころに置いてあるオブジェや絵がいつも気になっていました。
お聞きしたら自作とのことで、目の保養にさせていただいています。
また、園芸が趣味の私にプレゼントとしてくださった"ハカラメ"が花も咲くほどに大きくなり、友達にも株分けして喜ばれています。
今後ともよろしくお願いいたします。

65歳 女性 川崎市 主婦


光庵医院長コメントつらい方がいらっしゃる場所でもあるので、心落ち着ける空間にしたいなと思い、つたないものではありますが、自作の作品も置いています。
職場でもあるので当然、掃除には気をつけています。
ありがたいことに建物が南向きなので、植物も元気に育ってくれています。